大倉正之助先生が企画構成を務め、ご出演なさった舞台 “TENCHIJIN三日月公演”

パーソナリティの由結あゆ美です。

2019年1月8日(火)
大倉正之助先生が企画構成を務め、ご出演なさった舞台
“TENCHIJIN 三日月公演”を堪能しました!

【翁 十二月往来】
天下泰平、五穀豊穣を祈る神聖な儀式の演目
「能にして能にあらず」
今回の“十二月往来”の曲を毎年定期的に見ることができるのは、5月に開催される奈良の興福寺薪能の朝、春日大社社殿前における“咒師走り(ししはしり)の儀”のみ
【狂言 末広かり】
「末広がり(先にゆくほど運が開ける様子)でめでたい」とされる祝言性の高い演目
【半能 石橋 群勢】
獅子が出現して舞いを見せる祝言の曲
大倉正之助先生の企画構成による舞台、どんな能・狂言になるのかしら…とあれこれ考えを巡らせておりましたが、舞台が始まると…圧巻!
頭で考えていたことが全てどこかに飛んでいってしまいました。
素晴らしいものを拝見すると、時空を超えてしまうものなのですね。
事前の演目解説も役に立ちました。高野山の阿闍梨であり、観世流の準能楽師でもいらっしゃるスティーブン・鷺峰・コーミーさんの演目解説はわかりやすく、とても面白いものでした。
国立能楽堂のロビーから観客席までを埋め尽くす人!
「能の見方が変わりました」
「誰もが体験できないような貴重な体験をさせて頂きました」
など、能に慣れ親しんでいる方から初めての方にも、様々なご感想を伺いました。
ご臨席頂いた各国大使閣下、大使夫人はじめ、外国からのお客様も大変お喜びでした。
“I had a unique and enjoyable experience!”
“The performance was special and the artists were very expressive and talented.”
ちなみに、能・狂言と外国の方との結びつきは意外に古く、すでに明治維新前後に能楽を鑑賞した外国人の記録が残されているそうです。
私も、日本人として、国際人の一員として、益々自国の文化に誇りを持つことができました。
有難いことです。
“百年後千年後を考えたときに、未来に受け継がれる能…”
正之助先生のおっしゃる奥深い世界を垣間見た思いがいたします。
貴重な経験をさせて頂き、感謝申し上げます。

番組プロデューサー/パーソナリティ 由結あゆ美 [写真]木村智


Rainbow Town FM 88.5MHz
■人気の2時間情報番組「大江戸ワイドスーパーイブニング」内 のコーナー番組
■放送日時:毎週火曜日 19時30分~19時40分
■出演者:アンカーマン 能楽師 大倉正之助先生
パーソナリティ 国際マナー講師 由結あゆ美
■番組運営:株式会社ユウキアユミサロン


【ラジオ視聴方法について】


大倉正之助先生の新番組「大倉正之助 鼓ライダーが行く!」は、レインボータウンFM 88.5MHz で聴いていただける他、エリア外の方も、Google play や App Storeから「リスラジ」を無料インストールしていただくと、世界中からお聴きいただけます。PCの場合は、リスラジのホームページで聴くことができます。※PCでは、ホームページ左上ロゴの下にあるAdobe Flash Playerを許可してお聴きください。



CATEGORY(全国のラジオ局)>CHANNEL(関東)>レインボータウンFM